意外と知らない?妊娠が発覚してから気をつけるべきポイント

妊娠発覚!出産までに気を付けるべきこととは

妊娠すると体内はどう変化する?

食べたい物だけ食べるのはNG?

妊娠すると急激にホルモン分泌が活発になるので、これまでは問題なかった食べ物がダメになったり、反対に嫌いだった食べ物を大好きになったりします。「つわいが辛いから食べられるものだけを食べている。」と時折聞きますが、果たしてこれは問題ないのでしょうか。
全く食事を摂れないよりも、食べられるものを食べるのが良いですがそれでもバランスの良い食事には勝てません。妊婦の身体には赤ちゃんがいて、その赤ちゃんは母親の栄養素を分解して摂取しています。その為母体がしっかりと栄養を取っていないと赤ちゃんが育ちませんし、バランスが悪いと発育に影響します。
同じ意味合いでドラッグはもちろんの事、アルコールやニコチンの摂取も勧められません。

妊娠したら積極的に食べたい食材

バランスの良い食事と言われても、これまでとは身体の状態が違うのだから不足しがちな栄養素なども出てきます。特に妊娠初期は、赤ちゃんの元になる胚が成長するので、しっかりと栄養を摂りましょう。
おすすめの食材は玄米・ブロッコリー・かぼちゃ・ヨーグルトです。玄米は血糖値をゆるやかにあげるので、妊娠糖尿病を防ぐ効果があります。ブロッコリーは赤ちゃんの成長に必須である葉酸がたっぷり含まれています。タンパク質も入っているので、爪や髪の毛を育てるにもぴったりです。
かぼちゃは免疫力や塩分を排出するビタミンB群、カリウムが含まれています。カルシウムが含まれているヨーグルトは骨を丈夫にする、または整腸作用がある事が分かっています。