意外と知らない?妊娠が発覚してから気をつけるべきポイント

妊娠発覚!出産までに気を付けるべきこととは

運動してもいい?OKな運動・NGな運動

激しい運動ってどのレベル?

当然ですが妊娠しているのに、格闘技や球技をする方はいません。事故や接触の危険がある運動や、けがをしやすい運動は激しい運動を見なされています。また体育教師やスポーツインストラクターも常に運動している状態なので、妊娠したらしばらくは控えなければなりません。
余りにも激しい運動は骨盤を圧迫したり、身体がついていけずにダウンしてしまったりします。それによって赤ちゃんに影響があるので厳禁です。ウォーキングは妊婦にもおすすめですがフルマラソンの様な過酷な運動はNGですし、運動ではありませんが毎日走り回る様な職場・環境にいる場合も考慮しなければなりません。
時折、妊娠に気付かずに運動を続けている方もいますが、安定期に入るまでは流産のリスクが高くなりますし、一度流産するとリスクが高くなってしまうので日頃から気をつけて下さい。

妊婦にお勧めの運動とは

一昔前までは妊娠中期~後期になるまでは運動を控える様に言われていましたが、近年では体調を悪くしない限りは運動を勧められます。運動といってもかなりの幅があり、一つのカテゴリに括るのは難しいです。
妊婦におすすめの運動といえば軽いウォーキングやスイミングです。特にスイミングは身体に負担がかからないので良いですし。有酸素運動になるので全身をくまなく動かしてくれます。マタニティ専用のプールだったりピラティスをしているスタジオもあったりしますので、同じ妊婦同士ワイワイ楽しむのも良いです。
軽い運動はストレス発散にもなりますので、自宅にこもりっきりよりもすっきりします。体調が悪い時は無理せず、ストレッチだけでもOKです。